成功のヒント!D2Cスタートアップとは?

D2Cとは?

D2CとはDirect to Consumerの略称です。
「Direct」=「直接」
「Consumer」=「顧客・消費者」
に販売する仕組みのことを言います。

詳しく説明をするとD2Cとは、
「企業であるメーカーやブランドが代理店や小売店を介さずに企画・製造・販売をし、直接顧客と取引をする販売方法」です。

D2Cは、顧客ロイヤリティを高めることが大変しやすい販売方法であるということが特徴です。
D2Cでの顧客ロイヤリティを高める方法としては、自社のECサイトを使いメーカーやブランドが直接顧客との関係を構築していくという方法やSNSの活用が主流です。

メリット

D2Cは企画・製造・販売をし、直接顧客と取引をする販売のため、顧客のロイヤリティを高めやすいというメリットがあります。

他にも、企画・製造・販売を全て寺社でおこなうため代理店や小売店などの仲介業者が介入するコストカットができ、高品質な商品を低価格で提供することができるのです。

代理店や小売店などの仲介業者が介入するコストがカットできるということは、収益性も高くなります。

代理店や小売店などの仲介業者が介入しないということや、インターネットを介し直接顧客と取引をおこなうことが多いD2Cは総合的にスピード感のある運営をおこなうことも魅力的です。

さらに、顧客を管理する仲介業者が介入しないということは、自社のECサイトやSNSに利用をした顧客のデータを蓄積すること、蓄積したデータを自社で独自に分析がしやすくデジタルマーケティングの施策もたてやすく、商品の改善などに実行もしやすいのです。
そのため、顧客側からの「こんな商品があったらいいな」や「この商品の改善をしてほしい」など顧客のニーズをより反映させた商品開発というブランドの成長を随時更新することができます。

直販とD2Cの違い

代理店や小売店などの仲介業者が介入しない販売スタイルは、直販といいインターネットの普及前から主流であり、一つの販売方法として村はありました。
卸や問屋が自社で作ったものを自社で売ることは何ら珍しい販売方法ではないことなのです。

しかし、D2Cと直販の大きな違いは顧客に直接販売するということ、インターネットであるということ、単に大量生産をしたものではなく、顧客が自社のスタイルに合わせること、顧客のニーズを受け入れることが大きな違いになります。
顧客とインターネットを介してコミュニケーションを取っていく販売方法はD2Cと直販のビジネスモデルの大きな違いと言えます。

D2Cをスタートアップさせるには?

スタートアップを考えている企業においては、D2Cはコストを抑えられるため、成功事例の多い方法です。
店舗を持たず、インターネットを介して顧客を獲得し販売することができるためD2Cはスタートアップするのに相性が大変よいともいえます。


それでは、D2Cをスタートアップさせるにはどうしたらよいのでしょか?

自社ブランドのコンセプト、ビジョン、世界観を決める

D2Cをスタートアップさせるのに必要なポイントは、ブランドやメーカーの世界観です。
が重要な要素となります。

ブランドのコンセプトやビジョンがとても大切であり、世界観を全面に出し顧客の心を開いて掴むのがD2Cのビジネスモデルなのです。
この点をおろそかにしてしまうとD2Cをスタートアップさせるのにつまづいてしまうので注意しましょう。

自社サイトを立ち上げる

ECモールで商品を販売する企業もいるなか、D2Cでは自社のECサイトで勝負していくこととなります。
特に現代におけるECサイトの市場では、スマートフォンを介した販売の重要性が高まっています。
まずは、自社でネットショップを立ち上げD2Cをスタートアップさせましょう。

D2Cスタートアップの成功事例や事例案

D2Cスタートアップは未経験の業種でも成功する確率が高いということです。

アパレル

アパレル業界では特に未経験でも成功しやすい事例となっています。
多数あるアパレル業界では、特にコンセプトをしっかりと持ち、競合他社との違いを全面に押し出したブランディングが必要となります。
ニッチな商品でも全く問題はありませんが「可愛い」「セクシー」「革カバン」「大きめサイズ」「低身長、小柄」「○年代向け」などターゲット層の顧客を決め、アプローチすることが重要となります。

成功しているD2Cのアパレル業種事例ではインスタグラムを最大に活用し、フォロワーに商品の魅力を毎日紹介しています。
新商品では展覧会のお披露目をインスタグラムのライブ配信でおこなう企業も多いです。

ここで重要なポイントとしては、企業側の一方的な情報を与えるのではなく、顧客の声を聞き、追うということです。
メッセージやコメント、いいねの数などを確認し、フォロワーの反応を受け、都度生かしていく必要があります。

例えば、低身長で小柄がコンセプトであれば顧客のニーズも低身長で自分の体に合う服がなく探しているフォロワーが多いはずです。
そのためモデルは低身長を用意し、着心地をライブ配信で伝え、その場に返ってきたフォロワーの質問コメントに答えていくのです。
こうして自社のファンを増やしていくことがD2Cの強みでもあるのです。

宅配サービス

完全栄養食の宅配サービスも成功事例としてよくあげられます。
在宅やリモートワーク、高齢化社会が進む中、宅配サービスは今人気の業種になってきています。
宅配サービスの中で競合他社と張り合うためにもやはりコンセプトが必要です。
人気のコンセプトでは栄養価が高いものや、ダイエット食品などになりますが、
D2Cでは顧客とコミュニケーションを取るという強みがあります。
そのため、自分にあったカスタマイズができる栄養食の宅配サービスなどにコンセプトを絞り販売すれば、競合他社と差をもてる可能性があります。

食事は毎日3度ほど摂取するものですが、仕事をし、食事を作り健康を考えるとなると時間に追われる日々では頭を抱えます。
アパレルの事例で話したSNSの活用で声をとり、自社のECサイトで診断をし、顧客のニーズにカスタマイズされた食事を定額コースで宅配する…。
顧客のロイヤリティを向上させ、D2Cを成功させるのに宅配サービスは向いている事業といえます。

 

 

D2Cを成功させる鍵は、明確的なコンセプトの立案と、顧客とのコミュニケーションです。

D2Cは自社の動きたいように運営を動かしやすいため、アプローチ方法によっては顧客との距離が近く、自社の考えや成長のビジョンを顧客にダイレクトへ伝えることができます。

例えニッチな商品だとしても、コアなファンを増やしやすく、コアなファンが爆発的な拡散をして盛り上げてくれる可能性も秘めているのです。

顧客へ商品自社の思想などを情報共有をするという観点とし、SNSなどをうまく活用し、一人一人の顧客の声に耳を傾け、アクションをくれた顧客のデータをもとに良い商品を開発することができ、顧客のロイヤリティと自社のブランドロイヤリティを高めていくことができるのが強みであり魅力です。
さらに、事業を起こしたことのない人や未経験の業種に挑戦がしやすく成功もしやすいという利点もあります。

D2Cのスタートアップの運営を検討し、取り入れ新しい成功事例であり一大ブームを起こすブランドになる可能性もあります。
是非、D2Cをスタートアップしてみてください。