ECサイトにおけるLINEの活用方法とは?メリットを紹介!


インターネットに普及に伴い、オンラインショップの成長が目覚ましいなか、スマートフォンを活用した事業のなかでも特にオンラインショッピングの事業を立ち上げる企業は年々増加しています。
また、EC事業ではSNSなどのアプリの活用により大きな成功を成し遂げている事例を多数見かけるようになりました。

日本国内で大人気である「LINE」はEC事業との相性も良く、活用している企業も少なくありません。
今回は、EC事業におけるLINEの活用法について説明していきます。

日本国内で人気の「LINE」

LINEは日本国内で利用者が最も多いといわれているアプリでもあります。
個々の個人間の連絡ツールとして使われ始め、気軽にできるチャット機能、ネットを介してできる通話機能で多数のユーザーが利用しています。

しかし、このLINEは近年ユーザーの個々の間だけではなく、企業や店舗がLINE上に公式アカウントを開設し、ユーザーに対して直接的にアプローチをすることができるのです。

実は企業がLINE上に公式アカウントを開設できるという機能は数年前からありました。

しかし、LINE公式アカウントを開設し、ECサイトにおけるLINE戦略取り入れる企業が増えたため、多数の企業が自社商品の広告であるCMやPR、イベント、キャンペーン告知、さらにはLINE限定お得情報に割引クーポン、会員証、ECサイトへ誘導など多数の活用方法があるLINEは、ユーザーとの不快コミュニケーションツールとして企業側にとっても大変利用価値の高いツールとなっているのです。

企業のECサイトでのLINE活用のメリットとは何か?

広告宣伝効果&集客効果が期待できる

日本国内でLINEを利用するユーザーの数は人口の約半分以上といわれています。
アプリやツールなどのサービスを使用しているユーザー数でLINEは、日本最多の利用ユーザー数であるといわれています。

LINEのサービスを利用している人数は、ざっと日本の人口の半分以上とお話しましたが、
テレビやラジオなどから離れ始めているといわれ、どこへ広告を打ち出せば効果があるのか企業が頭を抱えて悩むといわれているいま、
LINEを利用することで日本の人口の半分以上のユーザーに自社の広告を見せることができ、さらに集客効果が見込める可能性があるのです。

また、LINEのみでしか接触できないユーザーも多く存在するため、LINEで広告を出すことは得策だといえます。

ユーザー層が幅広い

LINEの利用者は今や若者だけにはとどまらず、高齢の層まで幅広く親しまれているサービスです。
これは、ネットを介してテレビ電話をすることができるため、子と親、孫と祖父母間など、歳が離れたユーザー同士での利用者も増えていることが影響しています。

また、LINE利用者の男女比率は同率、居住は全国と日本のユーザー層のすべての地域の人へ大変アプローチがしやすいツールとなっています。
ユーザー層が千差万別で幅広いというのは、新規顧客の獲得を常に必要としているECサイトやオンラインショッピングではとても利用価値のあるツールであるといえます。

アクティブユーザーが多い

LINEはコミュニケーションツールのため、1日1回以上アプリを使用するアクティブユーザーの率が大変高いです。
アクティブユーザーが多いということは、広告を目にするユーザーも多いということになります。
広告を目にするユーザーが多いということは、購入するユーザーも増えるということになります。
新規購入者が増えれば、リピーターも増え、リピーターが新規顧客を呼び…を繰り返すことも可能なのです。

ユーザとの距離感が近く、開封率が高い

LINEは利用ユーザーとの距離感が近いということも利点です。
LINEは気軽にできるチャット形式のツールです。そのため、LINEはユーザーと1対1でやり取りでき、距離感が近いという特徴があります。
親近感を感じるために見る側も送る側も気軽に送受信ができる、煩わしく感じにくく、距離間を詰めやすいのです。


さらに生じてLINEはメルマガやDMなどに比べ開封率が高く、広告の宣伝効果としては大変効率の良い方法といえるのです。
ECサイトにおいて開封率と距離感が近いというのは購入者が増えるということにつながるのです。

新規ユーザーの獲得がしやすい

スタンプなどの連携やキャンペーンを介し、新規ユーザーに対して友達追加を促すことができます。
広告から友達追加がしやすく、新規ユーザの獲得がしやすいのです。

AIメッセージでコミュニケーションを親密にすることができる

チャット機能で使えるAIスマートチャットがあります。
友達登録済みのユーザーにタイムラインの投稿でイベントやキャンペーンの告知、商品の広告も可能です。
また、LINEのチャットでクーポンなどの発行も可能になります。
これは、AIを使いユーザーにアプローチすることが可能です。

プランを選択し、変更することが可能

LINEの公式アカウントではプランを選ぶことが可能です。
機能、送信可能メッセージ数、月額の費用がプランによって異なります。
LINE公式アカウントの開設時は自社に合ったプランを選択することができ、運用後に必要に応じてプラン変更が可能です。
自社のニーズが変更になった際も、自由にプランを選択できるのは、嬉しい強みです。

ECサイトにおいて、LINEの活用方法は?

メリットでも活用方法が見えたかとは思いますが、具体的にECサイトにおいてのLINEの活用はどのような方法があるのでしょうか?

アプローチ

LINE上で自社の企業の「LINE公式アカウント」を開設します。
LINE公式アカウントを開設することにより、LINEユーザーへ直接的なアプロ―チが可能になります。
また、LINE友だちイベントやキャンペーン、クーポンの実施などで顧客の購入を促すことが可能です。

数値分析

LINE公式アカウントでは、ユーザによるアンケートの調査が可能です。
また、メッセージの配信数に対した開封率やクリック率、インプレッションを確認でき、データの数値分析が可能です。

分析ができるということは、改善点などを明確にしやすく、都度に合った施策を打ち出すことができます。

商品

LINEショッピングでは、LINEショッピング上に商品を掲載することが可能です。
LINEショッピングサイトはLINEが提供するポイントサイトのため、LINEショッピングを通して商品を購入するとLINEポイントを獲得することができます。
LINEポイントと連携することができるため、LINEヘビーユーザーへの商品購入を促しやすいといえるでしょう。
商品価格のポイント還元率が高ければ高いほど、商品の購入につながる可能性もあります。
あくまで、自社の商品の販売というよりLINEショッピングに関しては自社のブランドや商品を知ってもらう広告ツールと考えると良い機能です。

他社製品との連携が可能

大手のLINEであるため、互換性のあるツールも様々な会社から出ています。
例えば、自社のECサイトではなく、商品への直接購入へ誘導することができる製品などです。
上記でも説明していますが、LINEでは友だち追加へ誘導するためにクーポンや限定スタンプなどを使い、ユーザーを自社の友だちへと追加してもらう手段で友だち数を増加させます。
友だち追加後は外部ECサイトに誘導させず、LINEのトークルーム上で商品を購入することができるなどの製品も開発されています。
自社に合った製品を導入しLINEと連携させることで、自社のECサイトのみではまかなえない部分へ上手な活用をしましょう。

ECサイトでのLINEの活用はメリットも大変多く、友だちと追加のみではなく自社のファン、自社製品の購入、ロイヤリティを向上することにも適しています。是非、活用しECサイトを盛り上げましょう。