無料ステップメールには注意点も!?具体的な活用方法も検討しよう

顧客の商品に対する関心を高めるのに効果的とされる「ステップメール」。商品の購入や資料請求などを行ってくれた対象者に対し、定期的にシナリオに沿ったメールを数通送ることで購買を促すというものです。

メールでのマーケティングとして代表的なものに“メルマガ”もありますが、ステップメールの場合はタイミングをはかった上で、その都度異なる内容のメールを送るのが特徴。そのため、以下のようなメリットが得られると言われています。

・顧客が商品に興味を持ったタイミングを狙い、適切なマーケティングができる

・低コストで、問い合わせ数の増加や売上アップが期待できる

・自動化しやすく、人件費の削減も可能

しかし、こういった利点を活かすためには「顧客の興味を惹ける内容を工夫」し、効率のよいツールを使って自動化しなければなりません。では、ステップメールを自動化できるツールにはどのようなものがあるのでしょうか?今回は無料ステップメールツールを中心に、注意点もふまえ活用方法を考えてみましょう。

ステップメールのツールには「有料」と「無料」が存在する

ステップメールの配信をサポートするツールは、基本的には有料です。しかし、無料で利用できるサービスもたくさん出ているので、利点と注意点を見極めた上で自社に合ったものを選ぶ必要があります。

無料ステップメールサービスのメリット

まず、無料ステップメールサービスについてです。後述する「ワンステップメール」をはじめ、ステップメールを自動的に送れる無料ツールはたくさん出ています。事業を開始したばかりの方にとっては、非常に心強いサービスと言えるでしょう。

コスト的な観点からだけでなく、無料のステップメールサービスは導入のハードルが低い、という点もメリットです。有料のサービスとなれば費用対効果をふまえ、長期的な導入が可能か検討せねばなりません。しかし、無料の場合は初期投資が不要なので気軽に始められますし、もし効果が期待できなければ有料に切り替えることもできます。

無料ステップメールサービスのデメリット

ただし、無料サービスであるがゆえのデメリットもあります。意外と細かく存在しているため、以下をご確認ください。

・サービスによっては、人数や配信数の上限が決められている

・メールに画像や動画ファイルを添付できないことが多い

・迷惑メールに振り分けられる対策が不十分なことも

・メールの最後に強制的に他社の広告が入るのが一般的

・開封率やクリック率などの分析まではできない

このように、無料ステップメールサービスは送る人数や配信数などに制限がなされていることが多く、画像や動画ファイルなどの添付も難しいため、単品リピート通販等で自社商品の画像や広告を入れたい場合には不向きと言えます。また、開封率やクリック率などの分析まで行いたい方は、他のCRM(顧客関係管理)施策用ツールも併用する必要があるでしょう。

有料ステップメールサービスのメリット

逆に有料ステップメールサービスはどうか?というと、こちらは「顧客管理をはじめ、自分でカスタマイズできる部分が大きい」のが最大のメリット。

分析機能が搭載されていることも多く、お問い合わせに対するシナリオメールからリピート購入を促すシナリオメール、顧客の誕生日や記念日に合わせたメールなど、状況に合わせて様々な内容のステップメールが送れます。画像や動画の添付も可能なので、視覚的にはたらきかけやすいのも魅力と言えるでしょう。

有料ステップメールサービスのデメリット

しかし、有料にもデメリットはあります。それはもちろん「費用がかかる」ということ。一般的には月額最低5,000円~1万円前後で設定されており、CRM施策ツールと併用したものだと2~5万円以上かかることもあります。

もちろん料金が高いだけサービス内容は充実しますし、より効果的にマーケティングを行えるようになるのは間違いありません。しかし、有料サービスを利用する際は自社にとっての課題や予算などをふまえ、よく検討する必要があるでしょう。

無料ステップメールサービスの代表例は?

では、無料ステップメールサービスの代表例にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は5つご紹介しましょう。

ワンステップメール

https://1step-m.com/

ワンステップメールは、完全に無料で利用できるステップメールサービス。登録できるアドレスや配信数、シナリオ数などが「無制限」なのが特長で、ステップメールのみに特化したツールをお探しの方におすすめと言えます。

オレンジメール

https://mail.orange-cloud7.net/

アドレス100件まで無料で利用できるオレンジメール。配信数やシナリオ数は無制限となっており、無料版の広告等が気になるようであれば「有料版にも移行できる」のがポイント。有料版も事前にトライアル期間が設けられるため、非常に良心的です。

Free NEO(フリー ネオ)

https://www.mail-neo.com/free/

こちらはアドレス1,000件まで無料で利用できるステップメールサービス。HTMLのメールも簡単に作成できるのが特徴で、無料版で物足りなくなったら有料版への移行も可能です。有料版の場合は、開封率の測定やクリックくじの管理といった機能が用意されているのも魅力と言えるでしょう。

acmailer(エーシーメイラー)

https://www.acmailer.jp/

登録アドレス数やメール配信数、シナリオ数が無制限なのに加え、フォームの自動作成機能やダブルオプトイン機能(仮登録後、届いたメールからURLにアクセスして本登録してもらうシステム)など、機能性に富んでいるのが特徴。サーバーに設置して使用するタイプのメーラーですが、難しいのであればオプションで設置代行もしてくれます。

エースメール

https://www.acemail.jp/

月のメール配信数30,000通まで、配信先の登録1,000件まで無料で使用できるエースメール。有料版も用意されており、複数のメールサーバを同時に稼働させるため、スピーディーな配信が可能です。セキュリティ機能もハイレベルなので、初心者の方にとっても安心度が高いと言えるでしょう。

無料ツールでも可能!ステップメールの活用方法を考えてみよう

では、これらのツールを使ってどのようにステップメールでの施策を行うのかについて考えてみましょう。ステップメールは商品購入後のキャンペーンのお知らせ等として使われやすいですが、構成するシナリオによって様々なパターンを想定できます。

ケース① 見込み顧客に対して商品購入を促すアプローチ

まず、無料サンプルの利用や資料請求を行った“商品を購入してくれるかもしれない”見込み顧客に対するアプローチ。ステップメールの活用法としては定番ですね。

1通目:サンプル利用・資料請求へのお礼

2通目:こんなお悩みはありませんか?からの適した商品紹介

3通目:お客様の声、F&Qの回答など

4通目:キャンペーンのお知らせ、初回限定のクーポンなど(キャンペーンの終了も伝える)

ケース② セミナー形式のメールで、自社のノウハウをアピール

ステップメールは、セミナー形式のシナリオで自社のノウハウをアピールする施策でも活用できます。例えば、以下のような流れにしてみてはいかがでしょうか。

1通目:営業スキルを磨きたいあなた必見!

2通目:客先との空気を和やかにするには?

3通目:トーク術には“共感力”が重要!

4通目:相手の関心を惹くにはコツがある!(リアルセミナー開催のお知らせ等)

ケース③ 購入後のフォローを中心に、リピーターを育成

実際に商品を購入してくれた顧客へのフォローをメインにすれば、リピーターや定期購入に繋げるための施策になる可能性も。

1通目:商品の購入に対するお礼(ご注文ありがとうございました)

2通目:商品を発送いたしました

3通目:お届けした商品に問題はございませんでしたでしょうか?(より効果的な使い方等)

4通目:その後いかがでしょうか?(新商品のお知らせ等)

このように、ステップメールの活かし方は会社やサービスによってさまざま。顧客の傾向もふまえ、最適な方法を考えてみてくださいね。