通販専門の広告代理店もある!依頼のメリット&選び方のポイントは?

通販事業を行う上でアドバイスを受けられる専門家といえば「コンサルタント」が挙げられますが、広告に関してお悩みなら広告代理店を頼る方法もあります。しかし、広告代理店といえば大手のイメージも強く、何となくハードルが高いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、昨今では通販に特化した広告代理店も!そこで今回は、広告代理店に依頼するメリットをはじめ、その種類や選び方のポイントなどについて詳しくまとめてみました。

媒体選びのアドバイスを受けられる!広告代理店に依頼するメリットを知っておこう

広告代理店には、主に「広告主と、広告媒体を繋ぐ」という役割があります。広告媒体といえば昔はテレビや新聞などが主流でしたが、昨今ではネットやSNSなどの普及により、その選択肢は大きく広がりました。

それに伴い広告代理店も多様化が進んでいると言われており、効率的に広告運用を行うためのアドバイスを受けたり、どの媒体が自社製品に適しているかを提案してもらったり、といった面で頼りにする通販業者も多いようです。

広告代理店のメリットは、何といっても「広告のプロフェッショナルから、最新情報に基づく助言をしてもらえる」点。特にネット業界は日々目まぐるしく変動しているため、それに対応するためには非常に有益と言えるでしょう。また、広告の運用について社内で検討する手間が減るという長所もあるので、コストと照らし合わせつつ考えてみてはいかがでしょうか。

広告代理店には「3つの種類」が存在する

ただし、広告代理店にはそれぞれに得意とする分野が存在します。特性ごとに使い分ける会社もあると言われていますが、今回は代表的な3つの分類について確認しておきましょう。

総合代理店

総合代理店は、テレビをはじめとするマスメディアの活用をはじめ、クリエイティブ部分やイベントの企画、マーケティング、ブランド戦略など幅広い分野に対応した広告代理店。特にテレビや新聞、雑誌、ラジオといった4媒体に強いとされ、大規模広告やマーケティング戦略もふまえた提案力に特化しています。

ただし、担当者や部署によっては通販広告の経験が豊富でないことも。主に高い売上高を誇る通販会社や大手企業の通販部門が利用するケースが多いところを見ても、マスメディアで大々的に宣伝したい方向けと言えるかもしれません。

専門代理店

次に、専門代理店は特定の広告分野に特化した広告代理店のことを言います。インターネット広告や新聞広告、リスティング広告など、自社ならではのネットワークを活かし、得意な広告媒体で勝負している代理店、という感じですね。昨今ではSNS広告に特化した会社も存在するため、気になる広告媒体をとことん追求したい方におすすめと言えます。

ただし、特定の広告媒体が中心となるので、それぞれの相乗効果を感じにくい点はデメリット。1社のみに絞って頼り切ってしまうとリスクを分散しにくい面もありますから、複数を使い分けるのが良いでしょう。

通販特化型代理店

最後に「通販特化型」の代理店。近年ではネットショップの増加にともない、通販業者を専門的に取り扱う広告代理店も増えています。中には化粧品通販専門、アパレル通販専門などさらに細分化しているところもあり、広告のみならず費用対効果や商品開発など、収益アップのためのコンサルティングを合わせて行っているケースも目立つのが特徴です。

専門の代理店があるなら当然そこに、と思われるかもしれませんが、注意しておかなければならないのは「媒体ごとのノウハウに関しては、他の代理店に及ばない恐れがある」というもの。あらかじめ活用したい広告媒体が決まっている場合は、専門代理店や総合代理店も視野に入れた方が良い可能性もあります。

効率よく結果を出せる!通販広告代理店の見分け方

通販広告代理店は前述した通り種類によって分類でき、それぞれに得意分野が存在します。どの広告代理店を選ぶかは製品や目的にもよると言えますが、それ以外にも見るべきポイントが「担当者」です。

アドバイスを受ける担当者の能力によっても結果は変わってくると言われているため、以下のような点をふまえ、頼れる担当者かどうかしっかり見極めましょう。

その① 広告効果を高めるための「テスト」を理解しているか

現状の通販広告にどれほどの効果が見込めるかを知るには、A/Bテストをはじめとする分析方法が重要です。しかし、こういったテストについての理解が乏しい担当者に当たってしまうと、目的が定まらない無意味な分析を繰り返す恐れもあります。

まずは各媒体におけるレスポンス実績や広告クリエイティブといった情報を共有し、どのようなテストを行えば良いかについて相談してみましょう。

その② 専門的な分野の知識はあるか

取り扱っている広告に関し、専門的な知識を有しているかも大切な指標です。その会社における定番の営業トークやシミュレーションに基づいた内容だけでなく、自社に適した広告形態を細かく提案してくれるかどうかを見極めるため、「なぜ○○が良いと思われるのですか?」「提示いただいた成功事例を、もし自社に当てはめるとどうなるでしょうか?」など、積極的に質問してみてください。

その③ CRMの概念をはじめ、通販の事業構造を詳しく知っているか

通販事業に詳しいか不明瞭な広告代理店の場合、例えば「引き上げ率」や「LTV」といったKPIの中でも特に重視されやすい指標について質問してみましょう。通販事業において収益に直結する概念がCRM(顧客関係管理)。最終的な利益目標を達成できるような広告にするためには、そういった知識がしっかりしているかもポイントです。

その④ 目標とする指標について、積極的に質問を行ってくれるか

例えば新規獲得件数の増加やCPA(新規顧客1人あたりの獲得にかかった費用)率の向上など、具体的な目標値について積極的に質問してくる担当者の方が、一般的には「やる気がある」と見なされます。逆にそこが曖昧だと万が一成果が出なかった時にも言い逃れができてしまうため、こちらも慎重に担当者の姿勢を見ようとしなければなりません。

その⑤ その担当者が最後まで担当してくれるか

仮にここまでが完璧な担当者がいたとしても、注意したいのは「その担当者が正式な依頼後も担当してくれるか」否か。場合によっては運用担当者に引き継がれたり、その人物の部下に引き継がれたり(上司はサポート)するケースもあるのです。話を聞いてもらった担当者だからこそ魅力を感じたのであれば、念のため確認しておくと良いでしょう。

通販に特化した、代表的な広告代理店は?

最後に、通販業者に特化した代表的な広告代理店を3つご紹介しましょう。通販専門の中でも特色がありますので、ぜひ目的に合わせて選びたいですね。

株式会社ファインドスター(https://www.find-star.com/

「LTVの最大化」を提供価値とし、次世代のダイレクトマーケティング企業を目指すファインドスター。主に通販での新規顧客獲得サポートを得意としており、媒体提案やクリエイティブの制作のみならず、売上の向上もふまえたアドバイスを行ってくれます。

株式会社アドブレイブ(https://www.adbrave.jp/

ダイレクトマーケティング専門の広告代理店として運営しているアドブレイブ。新規顧客獲得からブランドの認知拡大、既存顧客の育成など多角的な側面からアドバイスを受けられ、費用対効果が高い広告を親身になって一緒に考えてくれると評判です。

株式会社ピアラ(https://www.piala.co.jp/

顧客を4つの層に分け、どの層にどういった広告を打てば売上が伸びるか、というデータを豊富に有するピアラ。紙媒体を主軸とするリアルマーケティングからコールセンターをメインとしたテレマーケティング、SNSマーケティングまで幅広いチャネルに対応しているのも特徴です。