ネットショップの宣伝に悩んでる?効果的な宣伝方法を導入して、集客アップをはかろう!

 

ネットショップを開業し、

「ネットショップへの呼び込み方法はどうすればいいの?」
「宣伝しても見込み客が増えない」
「これ以上どう宣伝すればいいんだ?」

と、悩んではいませんか?

ネットショップのアクセス数が伸びる宣伝方法を実践して、集客を伸ばしましょう!

インターネットでできる基本的な集客施策

ネットショップでの主な集客方法は、
「SEO(エスイーオー)」

「SMM(ソーシャルメディアマーケティング)・SNSマーケティング」

「アドネットワーク」

「リスティング広告」

になります。

聞き覚えのない言葉ばかりかもしりませんが、一つ一つ施策方法を知って実践し、集客を伸ばしましょう。

 

SEO(エスイーオー)対策をしてサイトアクセス数を増やそう!

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称であり、検索エンジン最適化のことです。

インターネットで調べものをしたい時は「検索エンジン」を使用しますよね?
検索エンジンを使用し、検索結果に出た多数のサイトをクリックしては、見やすくて理解のしやすいサイトを探すのが一般的な利用方法です。

検索結果に出た多数のサイトの中で、まず1番にクリックするのは、検索エンジンの結果で上位に出たサイトではないでしょうか?

ご存知の通り、検索エンジンでは検索ワードに合致しているサイトが瞬時に判断されてランキング形式で、検索結果として現れています。

検索エンジンのランキングの上位になるためにサイト運営者は、ユーザーに満足してもらえるよう

「見やすいサイトやページにレイアウトする」
「内容を充実させる」
「ページの内容をわかりやすくまとめる」
「常に最新情報に更新する」

など、試行錯誤で検索エンジンのランキング上位に組み込まれるように努力をしています。

そして、検索エンジン側もアルゴリズムの組まれたAIが判定する仕組みとなっています。

そのため、「見やすく、わかりやすく、情報が最新で充実した内容のサイト」を検索結果ぺージの上位に組み込んでいるのです。

ネットショップを運営しているからには、見込み客を増やすためにも、自社の運営しているサイトやページを検索エンジンで、ランキング上位に表示してもらいたいですよね。

ネットショップでのSEO対策としても

1.自社の商品のコンセプトがわかりやすいページにレイアウトする

2.なんの分類の商品で、どのような商品なのか内容をわかりやすくまとめる

3.商品の良さや購入メリットを記載する

4.いつ発売される商品なのか、過去に似たような商品は発売していたのか記載する

5.サイト内に検索ワードにかかりやすい言葉を含ませる

などの情報を明確にサイトに組み込んでいくことが重要となります。

 

見込み客が「欲しい!」と思う商品ページ、検索エンジン側も「アクセスしたい!」とランキングを上げる結果へとつながります。
せっかく凝って作ったサイトでも、アクセスしてユーザーに見てもらえなければ意味がありません。
まずはSEO対策をおこない、サイトへのアクセス数を増やしましょう。

 

SNSを最大限に味方につけて購入者を増やす!SMM(ソーシャルメディアマーケティング)・SNSマーケティング

SMM(ソーシャルメディアマーケティング)Social Media Marketingの略称です。
SNSマーケティングとも呼ばれています。

Facebook、LINE、Twitter、InstagramなどはSNSにあたりますが、SNSは近年成長を遂げているツールでもありますね。
このSNSを使用したソーシャルメディアマーケティングは、大手企業も含め、多くの企業に宣伝ツールとして活用されています。

自社のファンになってもらうことに着地点を置き、企業側はSNSを活用しています。
ファンになってもらうためには、商品の写真を投稿し、自社商品や自社に興味を持ってもらうメッセージを書きます。
そのため、投稿についても、ファンとのコミュニケーションの場の一つとして活用されることも多いのです。

もちろん、SNSで商品を知ってもらうために商品の良さのアピール、使いやすさや細かい形状などを投稿し、商品のファンになってもらい、商品の購買意欲を高め、購買に直接結びつけるという活用方法にも使えるため、ソーシャルメディアマーケティングは企業にとっても一石二鳥のツールなのです。

しかし、SNSも自社のSNSの存在を知ってもらわなければ意味がありません。

SNSでは、「#」の後に関連するキーワードを付け投稿する、ハッシュタグという方法があります。
ハッシュタグ投稿をおこなうと、キーワードのハッシュタグに興味を持ったユーザーが自社の投稿へたどり着くという仕組みです。
ハッシュタグをつけるだけで、見込み客の集客の可能性が増えるのです。

さらに、SNSの強みは「拡散」です。
ハッシュタグや自社商品のファンになってくれた顧客が投稿を「拡散」として企業に代わりに宣伝をしてくれるのです。
興味を持った新たな見込み客が自社のSNSにアクセスしてくれ、またその見込み客が…という仕組みを繰り返せるのです。
このように、SNSでは無限の繰り返しの宣伝を顧客が行ってくれるのです。
ソーシャルメディアマーケティングはコストパフォーマンスが低く、人気のある宣伝方法となっていますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

自社だけでの宣伝にはもう限界!早急に大量の見込み客を獲得!「アドネットワーク」

もう手は出し尽くして困っている場合にオススメの方法がアドネットワークです。

テレビでも広告枠を購入すると宣伝をしてくれますが、インターネットも似たように広告枠を利用し宣伝することが可能です。

インターネットでは、メディアサイトの広告枠を購入しているアドネットワークへ依頼をすれば、自社のサイトをアドネットワークに傘下している様々なメディアへ自動で配信してくれます。

さらに、配信してくれるだけではなく、自社サイトに合った広告枠で配信してくれるため、他の方法よりも見込み客の効率的な獲得につながります。
コストはかかりますが、自社のネットショップを宣伝するためには、アドネットワークは大変有益な宣伝方法なのです。

広告上位を狙って集客アップを図る!「リスティング広告」

リスティング広告とは「検索連動型広告」のことです。
PPC(Pay Per Click)広告とも呼ばれています。

簡単に説明すると、ユーザーが検索したキーワードに応じて広告が表示される仕組みです。

例をあげるとユーザーが「商品」「○○会社」と検索すると、検索サイトの広告枠に自社のネットショップの商品一覧ページへクリックできるテキストリンクが表示されるイメージです。

SEO対策のランキング上位を狙うよりも、確実に検索結果のページへ自社のサイトを掲載してもらえるため、見込み客は増えますし、自社のネットショップの宣伝になります。

しかし、リスティング広告は即効性がある分、費用がかかります。
検索結果に表示されただけでは費用は発生しませんが、ユーザーがリスティングによって表示された自社の広告へクリックした場合は料金が発生します。

また、リスティング広告はキーワードの関連性であるサイトの「品質」と「クリック率」「クリック単価」で順位が変わるといわれています。

宣伝費用の「クリック単価」を高額に支払っても、検索結果の上位に確実になれるわけではないのです。
SEOでもお話しましたが、あくまで「検索」に関する広告は、キーワードと関連性とユーザー側から見てわかりやすいサイトやページを重要としています。
この2つをクリアしている場合、リスティング広告側に「品質が良いサイトである」とされ、ランキングの上位になります。

「品質が良いサイト」×「クリック単価」がリスティング広告のランキング上位になる秘訣なのです。

わかりやすい例をあげると、同じキーワードに同じクリック単価を支払うといったA社とB社がいた場合、A社サイトやページの品質がB社よりも良いと判断された場合、ランキング上位表示されるのは

1位 A社
2位 B社

になるということです。

 


各、宣伝方法について理解できたでしょうか?
ネットショップの宣伝をおこなうには新しい宣伝方法を見つけ、対応できるようにすることが大切です。
しかし、一番大切なことはユーザーの目線に立ち、顧客のロイヤリティを常に心がけ、良い品質を保つことです。

全て宣伝はやり切っているが結果が出ないというネットショップは今一度、自社のサイトやページのクオリティも見直してみてくださいね。