無料でメールマーケティング!「ワンステップメール」のメリット&デメリット

単品リピート通販事業をはじめ、ECサイトにおいて重要なマーケティング方法のひとつが“メール”です。メールはCRM(顧客関係管理)施策の一環としても有効とされ、低コストながら顧客に対して定期的にアプローチが可能という特徴があります。

企業がユーザーに対して送信するメールの代表例といえば「メルマガ」ですよね。しかし、メルマガは大多数に同じ最新情報を届けるものなので、これだけではマーケティングとして不十分との声もあるようです。

そこでより効果的なのが、ユーザー1人1人に向けて商品に関心を持ってもらうための情報を与える「ステップメール」。今回はステップメールのメリットについて詳しくご紹介すると共に、無料でステップメールを送れるツールとして評判の「ワンステップメール」の利点&注意点をまとめてみました。

ユーザーそれぞれに適切な情報を送信!「ステップメール」とは?

そもそもステップメールとは何か?というと、顧客が登録したメールアドレスをもとに、あらかじめ用意しておいたメールを複数回に分けて送信するもの。一般的には商品の購入や資料請求、セミナーへの参加後など、サービスに対する関心が高いタイミングで送られるため、顧客の興味を惹きやすい傾向があります。

ステップメールのポイントは「シナリオを構成する」こと。数段階に分けて顧客の関心を高めてゆく方法なので、例えば以下のようにメールの内容を工夫してみてください。

1通目:商品購入の翌日、お礼を含めたフォローメールを送る

2通目:顧客の悩みに寄り添った商品アピール、もしくは関連商品の紹介

3通目:お客様の声、自社に寄せられた質問の回答集など、商品を詳しく知れる読み物

4通目:オトクなキャンペーン、クーポンのお知らせ(初回購入者限定、今だけ!など)

ただし、売り込みの色が強くなりすぎると逆効果になる恐れもあるため、あくまでも親しみやすさを演出できるよう心がけましょう。

引き上げ率向上に効果的?ステップメールのメリット

ステップメールのメリットとしては、主に「見込み客を育成し、引き上げ率の増加に繋げられる可能性がある」点や「低コストで自動化しやすい」点、「うまく行けば、人件費を使わず売上アップが見込める」点などが挙げられます。

見込み客の育成・引き上げ率の増加

ステップメールは、これから購入してくれるかもしれない見込み客を育成し、本商品の顧客へと繋げる(引き上げ率アップ)のに適した方法と言われています。

見込み客の中には、資料請求やセミナーへの参加を行ってみたものの、何となくタイミングが掴めずそのまま…というパターンで燻(くすぶ)っている人もいるでしょう。そこで、ステップメールによって定期的に商品への興味を高めていくことで、購入やサービスの利用に前向きになれるようはたらきかけるのです。

低コストで自動化しやすい

ステップメールは、後述する「ワンステップメール」をはじめ、無料で利用できる自動化ツールがたくさん出ています。仮に有料であっても郵便物やチラシと違って印刷費はかかりませんし、オンライン環境を活かしてスピーディーにアプローチしやすいため、コストパフォーマンスが高い方法と言えるでしょう。

自動化がうまく行けば、人件費を使わず売上アップが図れる

メール配信はその都度内容を考えるのが負担…という方も多いでしょうが、ステップメールはあらかじめ決めた特徴に該当するユーザーに自動で送信するものなので、業務の効率化がはかれます。自動化すれば人件費もかなり削減できますから、低コストで売上アップを狙える可能性も。

しかし、こういったメリットがある一方で「作成・見直しの手間がかかる」点には注意しなければなりません。シナリオを意識しながら効果的なメールの内容や配信のタイミングを考えるのは意外と難しいので、余裕をもって準備しましょう。また、商品やサービスの更新ごとに情報は変わっていきますから、その都度見直しが必要となります。

ステップメールは無料で送れる!代表的なツールは「ワンステップメール」

そんなステップメールですが、経営者にとっては嬉しいことに無料で利用できるツールが豊富に存在します。中でも代表的なのが、すべてのサービスが無料の「ワンステップメール」。完全にステップメールという手法に特化しているのが特徴で、まずは自社のメルマガに登録してくれた顧客を対象に、以下のような流れでメールの送信が可能です。

⒈希望者がメルマガに登録する

⒉登録のタイミングで、自動配信メールを送信

⒊次の指定した日時(〇日後の〇時といった風に)にステップメールを送信

⒋1通目のステップメールから、再度指定した日時にメールを送信(3と4を何回か繰り返す)

ワンステップメールでは基本的に日時の指定はできますが、時間に関しては常に同じタイミングを狙って送信されます。こうして見ると、基本的なステップメールの機能は完璧に備えているような気がしますね。では、ワンステップメールならではのメリットを考えてみましょう。

メリット① 無料なのにメールの配信数&登録者数が無制限

ステップメールの無料ツールの中には「ここまで無料、ここから有料」と決まっているものもあります。しかし、ワンステップメールはメールの配信数、登録者数がどこまでいっても無料。何通、何人に送ってもお金がかからないので、コストを抑えたい経営者の強い味方です。

メリット② 配信可能なシナリオ数も無制限

どういった内容のメールを送信するのか?という問題もあるでしょうが、ワンステップメールはシナリオ数も無制限のため、自由に作成できます。ステップメールは前述した通り定期的な見直しも必要になりますから、これは嬉しいですね。

メリット③ 設定がとても簡単

初心者でもメール配信の設定を簡単に行える、というのもワンステップメールのメリット。基本的には「発行者仮登録→送られてきたメールのアドレスをクリックして本登録→マニュアルに従いながら配信設定」という流れなので、最短数十分もあればステップメールを送信できるようになります。

ワンステップメールには注意点もある!しっかり確認しておこう

このように、ワンステップメールは良心的かつ利用も簡単。しかし、一方で注意しなければならないポイントもあります。

注意点① 画像やボタンなどは埋め込めない

ワンステップメールは「文字データのみのやり取り」になる点を押さえておかなければなりません。つまり、画像やハイパーリンク、ボタンなどは埋め込めないのです。商品の魅力を画像や動画で伝えたい、という方にとってはやや不向きな面もあるでしょう。

注意点② 開封率・クリック率の分析はできない

ステップメールをマーケティングに活かすためには、どれだけ開封されたか、公式サイトへ誘導できたかといった分析が不可欠。しかし、ワンステップメールにそういった機能は搭載されていませんから、他のツールと併せての使用も検討しましょう。

また、この他に「迷惑メールと見なされて開封されない、といったリスクへの対策が不明瞭」といった点や、「メルマガ登録が前提となるため、既にアドレス情報を持っている場合は登録を促さなければならない」といった点も指摘されています。

ただ、注目すべきはこれだけの機能を無料で使える、というところ。初めてマーケティングに臨む経営者の方々にとっては、気軽に導入できるという点で非常にメリットが大きいツールと言えるのではないでしょうか。