ECサイトにおける【リピート通販】カートシステムの必要機能ポイント!

リピート通販とは

リピート通販はオンラインで、一度購入した商品と統一の商品を繰り返し購入してもらうことです。
リピート通販カートとは、いかにオンラインで継続的に商品をショッピングカート(ECカート)にいれてもらえるかということになります。

リピート通販の施策

リピート通販の施策では、以下のような例があげられます。

  • 付加価値

一度購入した商品と統一の商品を繰り返し購入してもらうことが必要ですので、
2回目以降の購入に対しては、割引のクーポンなどの付加価値をつけることで
再購入や、長期にわたる購入につながるようサービスをおこなっている企業も多いです。

  • 配送サイクルの自由化

顧客の意志で配送サイクルを変更できるサービスを導入する企業も増えています。
「化粧品や食品など、1ヶ月の定期購入を顧客の意思で1.5ヶ月に変更することができる」というサービスです。
このようなサービスは顧客によって使う頻度が違うため、顧客側から大変重宝されるのです。

顧客のリピート購入を目指し、一般的な例としてこのような施策をリピート通販を多数の企業がおこなっています。

 

リピート通販カートに向いている商品

それでは、リピート通販カートに向いている商品は何になるのでしょうか?
リピート通販カートに向いている商品は、継続的、定期的に購入が必要な商品です。
具体的に言うと「消費するスパンが比較的短く、日常的に消費する必要がある商品」となります。

実際の例でいえば、美容品の化粧品、化粧水や乳液、ボディクリーム、コスメなどがあげられます。
日用品、生活用品のシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシ、歯磨き粉、トイレットペーパーなどが該当しますし、健康品、サプリメント、米やミネラルウォーターなどは「消費するスパンが比較的短く、日常的に消費する必要がある商品」です。

日常的に利用回数が多く、使う回数が頻繁、しかし、消費しやすいためいずれ購入を余儀なくする…。
ストックとして購入しておきたいもの、生活から切り離せないもの、そういった商品はリピート通販カートに向いている商品と言えますし、定期購入カートにも向いている商品といえます。

通常カート・リピート通販カート・定期購入カートの違い

通常カート・リピート通販カート・定期購入カートの違いは読んで字のごとくではありますが、
わかりやすくまとめましたので、おさらいとして確認してくださいね。

  • 通常カート

リピートや定期購入は目指さずに、ショッピングカート(ECカート)にいれて購入してもらう。
ネットショップを構築することが主な目的。

  • 定期購入カート

定期の契約でショッピングカート(ECカート)にいれて購入してもらう。
定期サイクルで購入してもらうことが主な目的。

  • リピート通販カート

すでに過去購入したことがある商品を再度(2回目以上)ショッピングカート(ECカート)にいれて購入してもらう。
購入回数を増やすことが目的。


リピート通販カートと定期購入カートについて、理解はできましたでしょうか?
定期購入カートはあくまで定期契約の購入でカートに入れること、リピート通販カートは過去に1度でも購入したことがある商品を、再度購入しようとカートにいれることです。
そのため、2回目の定期購入契約である場合は、リピート購入ということになります。
特に、「定期購入カート」と「リピート通販カート」は似たような内容で間違いが起きやすいので、注意してください。

リピート通販カートシステムについて

リピート通販は「継続率」と「単価アップ」が重要なキーポイントとなります。

リピートという言葉がついているくらいですので、繰り返しの「継続率」を求め、さらに継続していく中で、顧客の購入単価がアップしてくれれば成長ということになりますよね。
「単価アップ」は、1顧客の単価アップはもちろん目指したいものですが、新規の顧客のリピートも単価アップにつながるといえます。

リピート顧客、新規顧客、両方の単価アップを目指すのはもちろんですが、まずはどちらを重点とし単価アップを目指していくのか社内で明確にするのも一つの大事なポイントです。

「継続率」「単価アップ」を図るには、リピート通販カートシステムを導入しましょう。
お店へ買い物に行く際は、ショッピングカートが置いてありますが、同様にリピート通販カートシステム(ショッピングカートシステム)はECサイト構築のためには必須のシステムです。

カートシステムには様々なものがあります。
自社で扱う商品の特性に注意し、合ったもの選ぶと顧客の購入直前の離脱率が下がったり、過去に購入した商品をAIが判断し、再購入や関連商品を表示し顧客の購入を促してくれます。

現在は無料のシステムもあります。無料システムでは、機能はもちろん限られてはしまいますので、使い心地を確認した後は、自社のECサイトと互換性のあるカートシステムを取り入れ、最大限に活用しましょう。

リピート通販カートでの重要なポイント

リピート通販カートを導入する際の重要な機能

リピート通販カートを導入するにあたり、多数の会社から様々なシステムが販売されているため、迷いますよね。
リピート通販カートを導入する際の重要なポイントについてまとめましたので、参考にしてください。

  • 費用面
  • 決済面
  • 機能面
  • カスタマイズ面

まずは、リピート通販カートを導入するにあたり「費用面」「決済面」「機能面」「カスタマイズ面」はもっとも大切な重要な比較ポイントとなります。
次に、以下の機能が備わっているのかを確認します。

リピート通販カートのシステムの機能として最低限備えておきたい内容は

  • 顧客フォロー機能(リピートを最大化させるリピーター獲得につながる機能)
  • 販売促進機能(成約率が高く、アップセル可能機能など)
  • 分析機能(リピート通販用)
  • 決済、出荷管理機能(購入用注文ホーム、商品管理機能)

この機能は、最低限あるとよいでしょう。


更に、リピート通販カートのシステムの機能として最低限備えておきたい内容はの細かな内容です。

顧客フォロー機能

  • リピーター獲得につながる機能
  • ステップメール機能
  • 定期コース機能

決済・出荷管理機能

  • 商品管理機能
  • 購入用注文ホーム
  • 定期購入用注文ホーム
  • 継続決済機能
  • EFO機能
  • 購入を促すためのLP一体型申込フォーム

販売促進機能

  • 成約率が高い(カゴ落ちが少ない)
  • アップセル機能(サンプル商品から定期購入へアップセルさせるなど)
  • クーポン機能
  • 封入物機能

分析機能

  • リピート通販に特化しているか
  • 各種分析機能

カスタマイズ

  • コールセンター受注機能
  • マイページ機能(ユーザが使いやすいか、見やすいか)
  • ユーザ側から見た自由度の高いシステムか
  • 他社との差別化をはかれるか

料金

  • 価格は妥当か
  • 予算内か

カートシステムを選ぶために、自社サイトの運営に必要である最低限備えておきたい細かなシステム機能は携わっているかどうかを確認します。
悩んだ場合は、上記の項目を参考にしてください。

特に、カートシステムを選ぶ際に注意してほしいポイントは「販売促進機能面」です。
サンプルから本購入へのアップセルの機能、リピート通販にとって重要なカゴ落ちを減らすなどの機能はどんなものが附属されているのかをしっかりと確認しましょう。

自社商品と相性のいい販売促進機能面を携えているカートシステムであれば成約率が伸び、アップセル可能なカート機能で売り上げも伸びるはずです。

また、カートシステムによっては、機能数を附属すればするほど価格がお得になるなどもありますので内容を確認しましょう。
機能がたくさんあるからといって使いやすいとは限りませんので、必ず社内、そして顧客が使いやすいかの両面に注意して導入してください。