成功する月額定額制ビジネスとは?成功事例を交えて徹底解説!


定額制度が当たり前化している現代ですが、月額定額制で成功できるビジネスとはどういったものがあるのでしょうか?

▼定額制やサブスクリプションについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。
「サブスクリプション」と「定額制(月額制)」の違いについて理解していますか?

今回は、月額定額制の歴史から、成功事例を交えて解説していきます。

月額定額制(サブスクリプション)の歴史とは?懐かしいパケット定額制からだった!

現代では公共料金の支払いなどでも多く導入されている定額制ですが、この定額制という制度は1990年代頃までは従量制がほとんどであり、一般企業での販売制度ではあまり見かけないものでした。

と、いうのもこの定額制(いわゆる固定料金制)が定着され始めたのは、2000年代初頭頃の携帯会社の通信サービスからです。

今ではネットの通信サービスの料金は月額定額制が当たり前となっていますが、元々の通信サービスの料金制度は、その月の使ったデータの使用量分だけ金額がかかる従量制という制度でした。

よって、データの読み込み時間や容量によっては、データ使用量がどんどん加算されていき、利用ユーザーは使用するデータ量を抑えながら通信をしなくてはいけないというストレスを抱えながら、毎月の価格変動に怯え、サービスを利用する顧客は悲鳴を上げるということが少なくない時代だったのです。

そのため、顧客離れが起きないためにも各携帯会社がユーザーを囲うために、こぞって色々な施策を出しました。
インターネットを利用する人は、「パケット通信量だけ使い放題の月額定額制プラン」だとか、毎月通話をたくさん利用する人は「電話料もパケット通信料も使い放題の月額定額制プラン」だとか様々な施策を出して競争を図りました。

通信サービスがデータ使用量の分だけ価格を払う形態から変わった大きなきっかけは、「パケット通信制度の月額定額制度」からです。

パケット時代が終了した現代においても、通信会社の月額定額制はまだ続いています。
これは、月額定額制導入の一番の成功事例であるとも言えます。

さらに、生活するために必要な「電気」「ガス」「水道」「家賃」これらの料金に関しても、月額定額制が導入されています。
マネジメントの観点からみても家賃は、毎月決まった価格を支払う月額定額制の代表といえますし、電気、ガス、水道に関しても「基本料金+使用料」とメータや容器の設備や事務手数料に点検調査代である基本料金部分は、月額定額制の導入がされています。

そして、現代の月額定額制は、一定期間の利用権を購入し、契約期間中は利用し放題の「サブスクリプション」「サブスク」という、会員制度が主流になりつつあります。
サブスプリクションの代表例は、音楽配信サービスや動画配信サービスの○○放題プランという課金ビジネスです。


月額定額制やサブスクリプションの歴史や代表の事例を理解したところで、月額定額制の成功事例を見ていきましょう。

月額定額制とは、どのようなものがあるか?

「公共料金:電気、ガス、水道」「家賃」「通信費」のほかにも「動画配信サービス」「音楽配信サービス」どの月額定額制があげられましたが、他にはどのような月額定額制があるのでしょうか?

レンタル

・ファッション(ブランド、洋服)
・コスメ
・家具
・おもちゃ
・書籍
・車

など…

食品

・宅食
・飲料(水、コーヒー)
・スイーツ


など…

このように、様々なものが今や月額定額制のサブスプリクションと化しています。

例えば、上記にあるレンタルの月額定額制についての成功事例は、大手企業が大々的に洋服やブランド物の貸し出しをはじめ、その貸し出し方法が月額定額制のレンタル制度でした。

高額なブランド商品の購入が困難なユーザーや仕事などの外出時にだけ身に着けたいユーザー、特別な時にだけ楽しみたいユーザーや色々な物を試してみたいユーザー、部屋に物を置きたくないユーザー、毎日違った物を身に着けたいユーザー達にとっては、月に好きなだけ好きなものを利用することができ、スマホ一つで購入に足を運ぶ手間が省け、何より月額支払うだけで、購入するよりも安く大量の商品を身に着けることができ、クリーニング代をカットすることができるのです。

このブランドや洋服のレンタルは人気が高く、コスメや靴、カバンだけではなく、おもちゃや家具、車などにも月額定額制は取り入れられています。
高額で、大きい品物や、購入を思いきらなくてはならない物、一時的の利用しかしない物は、月額定額制と相性がいいといえます。

また、食品に関しても月額定額制と相性が良いといえます。
有名な事例としては、食事の宅配サービスです。
食事の宅配サービスは急成長を遂げており、低糖質だとか、産地にこだわった食材だとか、多様な差別化競争が繰り広げられており、今は健康や食品にこだわったサービスが大変な人気となっています。

宅食は、レンジで温めるだけの出来上がったものがそのまま送られてくる場合や、食材が送られてきて自宅で簡単に調理できるものなど様々です。
また、食材だけが送られてきて、有名なシェフが指導してくれるという粋なサービスもあります。

家事や育児、仕事で忙しい日々に追われるユーザーには、買い物や献立を考える時間がありません。
そのため、自分で考えずに簡単に調理でき、栄養価の高い食事は重宝されるのです。

提供企業にもよりますが、宅食の月額定額制の場合、週2、3日なのか5日なのか、月のすべてなのか、自分で食卓が必要なプランを選び、プランによって食品が送られてきます。
もちろん、毎日違った献立が送られてきますし、選び抜かれた食材で健康的な食事を楽しめます。

最近では、偏った食事になっているかの診断をし、献立を立ててくれる宅食もあります。
自分に足りない栄養部分を補った献立を立ててくれ、それに見合った宅食を提供してくれるのです。
先ほどもお話した通り、人が生活していくことに必要なものは月額定額制の成功事例になる可能性が高いです。
そして、「自分に合った月額定額制を選べる」というのはユーザーのロイヤリティを高めることにつながります。
そのため、来月も絶対に利用しようと思えるのです。

月額定額制ビジネスで成功する秘訣とは?

 

ユーザーに必要であると思ってもらわないと、月額定額制を実施しても意味がありません。
月額定額制やサブスクリプションを導入し、ビジネスを成功させるポイントはユーザーに「来月も待ち遠しい」と思わせることです。

ユーザーは月額定額制の場合は特にお得感を考えています。
「あるとどれくらい便利なのか」「自分で時間を割いて購入したほうが安いのか、それとも月額定額制に加入したほうが安いのか…。」「どれくらいの頻度で利用するか?」「月額で支払う分の利用頻度になるか?」

そのため、「来月も絶対に利用したい!」と思ってもらうことが最も大切なのです。
事例で挙げたような内容でももちろん問題ありませんが、可能であれば段階を分けたプランをいくつか用意し、価格形態を分割させます。

例えば、

1.少額ユーザー
2.中額ユーザー
3.高額ユーザー

上記3つのようなプランを組み、少額ユーザーが高額ユーザーに上がりたくなるプランを組みます。
もちろん、価格が高くなればなるほどユーザーにメリットのある機能やサービスを増やすということは大前提ですし、もしくはプラン内容を全て弧となったものとし、すべてのプランに加入するというマネジメントをすることも可能です。

このように、月額定額制は色々な手法を取り入れることも可能です。
是非、自社の現在の事業にプラスして、月額定額制の導入も検討してみてくださいね。